アンティークの掛け時計 

最近の掛け時計は電波時計が主流。

当たり前だけど、時間が1秒も狂わず正確に時を刻んでくれる。

安心して生活の中でその役割を果たしてくれる。

それに比べ、アンティークは時間はどんどん進み、音がなる回数が

時計と合っていない、なんて事が普通…  σ(^_^;)

夜、ゼンマイを巻き時間を合わせ、眠りについた、

朝にはもうずい分時時が進んでる((((;゚Д゚)))))))みたいな……。

 

長い長い時を経て時を刻み続けてきたアンティーク時計、

どんな歴史を刻んできたのかは分からなくても、今なぜかこの時代の日本にあり、

そしてなぜか、なにか、の理由があってここに在る。

こんなご縁を考えると愛おしくて仕方ない。

職人さんの手によりオーバーホールされた時計を、只今再度の調整中。

今はずいぶんと正確に時を刻んでくれている様です!!

すごい!!

修理の世界に携わるお仕事をする事ができ、本当に幸せだと思う瞬間!!デス。

この世界観がたまらないッ♪( ´▽`)

テル