アンティークの修理

梅雨の頃やったか、ご常連のB様がお顔色を変えてご来店ー☆

アンティークのプッシュボタンがモノノ見事に…は…破損…(´⊙ω⊙`)

どうなることか、と思いながらも、全力を尽くし職人の技術が注ぎ込まれ…

長々とお預かりしお待たせをしたものの、ようやくお渡しのご準備が

整いました。


バネ棒も特殊な形状をしています。

もちろん年代物の修理はパーツがなかなか入手できず手をやきます。

時間も手間も、そして治したいと思う職人魂も、全てのこれらの想いが

時計が再び時を刻み始めるの  …♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪


今回は巻き真と特殊バネ棒を交換し動作確認ー☆

バッチリ👍

この瞬間が、毎回のことながら、たまらなく幸せ〜

この時計をお渡しする瞬間の、B様の笑顔がとにかく楽しみです。

テル