どちらでもいい

3月11日。あれから6年……。

6年前のあの日は、月に一度のお休みを名古屋で過ごしていた私にとっても、

人生で大きな意味をもつ…生涯記憶に残る1日だった。

あれから6年が経ち、現地も、被災された方々関わった方々、

そして直接は関わっていいなくてもどこかで繋がっている

全ての方々にとっても、それぞれの中での311があるのだろう…。

そして今。

メディアで流れる情報だけが真実ではない、そういう思いで、

ニュースを見たり聞いたりしている自分がいる。

前夜から、お世話になっている方々と過ごし、いろんなお話を

させていただきました。

沢山のお話の中で行き着いた着地点は、正しいか正しくないか、

ではなく、ワクワクするかどうか、だね。

てことだった。

ある時、別の友人から教えてもらったこのメッセージを思い出した。

本当のことは、ここに尽きるかも (*´꒳`*)

「 〜〜でなければならない」なんて思い考えたこと、どこかでそうでない部分に蓋をし

必死にリキんで頑張ってきた気がするけれど

それらを一度手放し、「どちらでもいい」これを実践してみよう、そう思えた。

周りにいる全ての人が、みんなが……

そう……愛を感じながら、周りを喜ばせながら、

後悔をしない毎日を過ごせたら、これほど幸せなことはないだろう。

人は皆、誰もが、ご縁によって立たされたその立ち位置の中で、

幸せになるために生まれてきたのだから。

日曜日です。今日お越し下さるお客様方が喜んんで帰ってくださる様、

精一杯働かせていただきますー☆

テル